楽しく働くことができた仕事の体験談をご紹介

本気で夜のお店で頑張りたい子には、これ以上ない良環境

大手グループの有名店で働いてみた

今までキャバクラで働いたことはあるけど、【高級】と付くお店ではありませんでした。でも、もっとスキルアップをしたいと思って、関内にある高級キャバクラ【ROYAL GARDEN~ロイヤルガーデン~】に挑戦してみることに!

このお店は業界最大手のプリンスグループが経営している超有名店!ド派手なシャンデリアがあったり、存在感抜群のナポレオンの絵画があったりと圧巻のひと言…。今まで見たことないようなハイクオリティな空間が広がっていました。(すごい!)さらに、新人教育の研修がしっかり整っていることにも驚き!それは、今まで働いてきたお店とは比べ物にならないほど…。本気で夜の蝶として頑張りたい子ばかりが集まっているお店なんだな!とスグにわかりましたよ。

時給も待遇も他店と比較しても超良いので、キャストのことを本当に大事にしているお店だと実感しました。だからこそ私も「頑張るぞ!」と気合いが入りましたね!

店内の豪華なシャンデリア
存在感がありすぎるナポレオンの絵画

高級店だからこそ女の子への配慮もずば抜けている

関内エリアの高級店だけあって、ご来店されるお客様は紳士的でダンディーな方ばかり!優しくお喋りしてくれる方ばかりだから緊張はすぐになくなりました。むしろ、「この方をもっと楽しませたい」と私の心の奥底にある“おもてなし精神”に火がつきましたよ。(笑)

関内の【ROYAL GARDEN~ロイヤルガーデン~】は、ノルマやペナルティは一切なし!数字を争わないから女の子同士はとても仲良し!だから、困った時にはスグにフォローしてくれるので、安心してお仕事ができました。今まではノルマに追われてキャスト間でギスギスすることが当たり前だったので、とっても新鮮な気持ちでした!(笑)

こんなにめちゃくちゃ稼ぎやすい&働きやすいお店は、初めての経験でした。「やっぱり高級店って違うな!」って感動しっぱなしだったことを覚えています!体験入店をした日に、すぐ本入店を決めたのはここだけの秘密です(笑)

思い切って一歩を踏み出してみた

今の自分を変えたくて

私は派手な見た目とは言えないルックス…。性格も奥手で、大きな輪に入れない地味っ子でした。そんな私でも、少しは自分を変えたいという気持ちはあったんです。でも、「どうすれば良いのかわからない…」。なんて悩んでいた時でした。街をフラフラと歩いていると見た目が派手な男性が声をかけてきたんです。その人との出会いが、私の人生を大きく変えることになりました。

じっくりと話を聞いてみると…キャバクラのキャッチでした。この男性との会話で初めて【体験入店】という言葉を知りました。「私もちょっと1日だけバイトをしてみようかな」なんて軽い気持ちでお店に行くことに…

全てが初体験!おしゃべりすることがこんなに楽しいなんて

体験する全てが新鮮なことばかり

初めてのキャバクラだから、全てが未知の体験!店内はキラキラしていて、みんな楽しそうにお話していました。「こんな世界があったんだ」なんて驚いていたところ、さっそくお客様がいる席へ!緊張で震える体と気持ちを抑えながら、「初めまして」と一言!すると、相手がニコッと優しく挨拶してくれて、「優しい人だ」と感じて、そこで緊張がなくなりました。

お客様とのおしゃべりの時間は、私でも知らない私が…。「こんなに喋ることって楽しんだ」と初めて思ったんです。この日から私は、キャバクラの世界に本気で挑戦してみたいと思い、今では立派なキャバ嬢です。本当に何も持っていない私ですが、お話していて楽しい気持ちが相手にも伝わるみたいで、それが「素敵だね」とよく言われます。自分が楽しむとお客様も楽しんでくれる!こんな最高のお仕事って他にないと思います。今では本当に天職だと感じています。

チャイナドレスが似合う自分にビックリ

仕事でチャイナドレスを着ることに

女の子にとって自分の身体つき(スタイル)って凄く気になるものなんです。私は高校時代ずっと陸上をやっていたので太ってはいませんが、太ももが周りの女の子よりも太いのが悩みでした。なので、膝上のミニスカートとかを履くのには凄い抵抗があって普段着でもほとんどスカートは履いていません。そんな私はバイトも女の子らしい制服の仕事は選ばなかったんですけど、時給が高くて短い時間でも働けると友達に誘われて高級キャバクラに体験入店することになりました。

そのお店の制服がまさかの超ミニのチャイナドレスでムチムチの太ももが目立ちそうで嫌でした。が、着てみたらお店の人からもお客さんからも似合っていると言われてビックリ。自分でも意外にハマっていることに二度ビックリでした。

それ以来、プライベートでも変化が

仕事がきっかけてで女子力がアップ

それからは太ももが目立つようなドレスを着ても恥ずかしく無くなり、普段着でもスカートを履く事が増えました。そして、そのこともあってかいつの間にか自然と歩き方も女の子らしくなっていたみたいです。高級キャバクラの仕事がきっかけで私自身にこのような影響が出るなど考えもしませんでしたが、これもいい機会だと思い、少しは女子力を高められたなと思います。

お客さんに喜んでもらえる仕事

自分次第でお客さんを楽しませることができる

個人的には高級キャバクラで働くことがとても楽しいです。というのもお客さんと接していて、一人一人のお客さんが喜んでくれているというのがダイレクトに伝わってくるからです。自分のおもてなしで相手が楽しそうにしてくれたら、こちらもなんだか嬉しくなっちゃうじゃないですか。お客さんによって色々な会話もできますし、そういったマンネリしない環境も飽っぽい私にはぴったりなのかもしれません。

楽しいだけではなく厳しさもあります

仕事である以上厳しい面もある

もちろん楽しいだけでは高級キャバクラの仕事はやっていけません。相手はあくまでお客さんです。楽しい中でもしっかりとした接客をすることを求められます。そういったものが面倒臭いなという人にとってはしんどい仕事かもしれません。しかし、その大変なことをしっかりとこなしてこそお金を稼ぎ出すことができるのです。

厳しい業界ですが、一人で全てを背負い込む必要はありません。売上を上げたいのはお店のスタッフさんも一緒。必要な時はキャストの女の子をしっかりとフォローしてくれます。なので必要以上に気張すぎず、自分なりに頑張ればやっていける仕事ですよ。